駐車場
あり

電話

小児歯科

子どもの歯の性質に合った治療・予防を

自分の歯で、ずっと食べるために

虫歯は、大人だってなりたくないもの。虫歯の痛みや治療の際の緊張感などをよく知っているからこそ、大切なお子様を虫歯から守りたいですよね。

「子どもの歯のケアがちゃんとできているかわからない」
「将来、虫歯にならないようにしてあげたい」
「子どもがすすんで通ってくれる歯医者さんはないかしら……」

そう思われているなら、兵庫県明石市にある大久保駅からバス5分の「松賀歯科医院」までご相談ください。当院ではお子様の歯の性質に適した治療・予防をご提案します。またお子様にも通いやすい体制づくりを行っていますので、安心してお越しください。

お子様の歯を守るために~小児歯科に通う重要性とは~

お子様の歯を守るために~小児歯科に通う重要性とは~

「子どもはおやつが好きだし、少なからず虫歯になるもの」そんな風に、お子様の虫歯を少し軽く見られている方は少なくありません。それは、「乳歯はいずれ永久歯に生え替わる歯だから大丈夫」と思われているからではないでしょうか。

しかし乳歯の虫歯は「抜ければ終わり」ではなく、永久歯にも悪影響を与えているのが事実です。乳歯が虫歯だと後で生える永久歯まで虫歯になりやすくなったり、正しい歯並びへの生え替わりを阻害してしまったりするのです。

乳歯が虫歯になったら、できるだけ早くきちんと治療をすること、またそもそも虫歯にならないよう小児歯科に定期検診に通い、専門的な予防処置を受けることが大切になるのです。

お子様が歯科に通い始めるタイミング

「子どもはいつ、歯医者に連れていけばいい?」と、歯科通院のタイミングがわからずお困りではありませんか? 当院では、次の3つのタイミングをご提案しています。

Timing 01乳歯が生えそろったとき

乳歯は永久歯よりやわらかい歯であり、虫歯になりやすい上に進行も早いという特徴があります。また乳歯の虫歯治療がきちんとできていないと、永久歯も虫歯にしてしまう確率が高まり、正しい生え替わりを阻害します。

虫歯ができていないか、ブラッシングは正しくできているかなどを確認するためにも、この時期には一度歯科検診を受けるようにしましょう。

Timing 02永久歯に生え替わったとき

5~12歳ころから、お子様のお口の中では乳歯から永久歯への生え替わりが始まります。お口の中は歯がない部分があったり、サイズの違う乳歯と永久歯が混在していたりと、ブラッシングがしにくい状況です。

お口の中のチェックと併せ、虫歯をつくらないよう専門的な予防処置を受けるために、歯科検診を受けるようにしましょう。

お子様の治療に同席できます

お子様の治療に同席できます

当院では、お子様ご自身もしくはご家族の方が希望される場合、お子様の治療に同席していただくことが可能です。慣れない場所で慣れない治療を受けることは、お子様にとって大きなストレスとなります。そばでやさしく見守ってあげてください。

当院の小児歯科メニュー

ブラッシング指導
お子様のお口の中は、成長に合わせてどんどん変わっていきます。そこでそれぞれの成長段階に適したブラッシング方法を、歯科衛生士が指導します。ご家族の方には仕上げみがきのポイントをお教えしますので、毎日欠かさずしてあげてください。 ブラッシング指導
シーラント
奥歯の溝には深く複雑な溝があり、汚れが溜まりやすい上にブラッシングしにくく、虫歯になりやすいのが特徴です。そこで、あらかじめその溝をレジン(歯科用プラスチック)で埋め、虫歯予防を図ります。お子様向けの処置です。 シーラント
フッ素塗布
フッ素には歯質を強くしたり、一旦溶け出したカルシウム分を再び歯に取り込む「再石灰化」を促したり、また虫歯菌の働きを抑制したりできる力があります。そこで定期的に歯の表面に塗布し、虫歯になりにくい歯をつくります。 フッ素塗布

NEWS

BLOG

ページTOPへ